読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガヌ谷

絵とPC周辺を好みます。

アートや建築デザインの作品解説文(ステートメント)の書き方

 

建築設計やアート作品などのコンペに作品を応募するとき、短い作品解説を求められることがあるかと思います。短い文章を制作の傍らに練るのは面倒なものです。かといって作品を提出する段になって考え始めると結構難しいことに気づいて焦ったりします。この記事では作品解説が難しい理由と何を書けばいいかについて、私の考えるところをお知らせします。

 

建築とアートのステートメントは難しい

芸術作品における主題の表現を「ステートメント(statement)」といいます。作者による作品解説もステートメントです。メジャーな言い方なのかはわかりませんが、便利な表現なのでこの記事では普通に使っていきます。

ところで最初にステートメントを求められる場面について「建築設計やアート作品などのコンペ」と限定した言い方をしました。経験からこのふたつの分野はステートメントの記述がしづらく、またその理由に共通するものがあると思ったからです。建築作品もアート作品も「要素の構成によって意味(テーマ)が生じるので、個々の要素それ自体を説明してもテーマの説明になりにくい。また、さまざまな意味が複合していて言語化しづらい。」のではないかと思います。

例えば要素Aと要素Bがありそれが何らかの意図を持って配されていたとします。そうすること単にAがあるBがあるといったことよりも多くの、または違った質のことが表される場合があります。その表されているものが作品のテーマであることが多いです。建築の場合は〈プラン〉〈機能〉〈素材〉〈敷地の性質〉などが複合して空間やストーリーが表現され、アート作品も〈素材〉〈技法〉〈色形〉〈モチーフ〉などが合わさって主題や新しい要素同士の関係性などが表されます。

もちろんこれはかなり簡略化した話ですが、こういったものについてステートメントを述べる場合、要素を並べあげてもテーマの説明には足りません。そしてテーマである「要素が複合することで表されるもの」は大抵複雑かつ抽象的ですぐには言葉になりにくいです。そのため説明が整理しきれない事も多かったです。

 

ステートメントの書き方例

コンペなどのステートメントは指定の字数以内で求められることが多いです。一言だけの人もいれば字数を目一杯使う人、詩のような文章もあれば論述めいたことを書く人もいます。何を書けばいいのかは悩ましいところですが、指定が数百字程度の場合には、私は以下のような形を意識しています。

①テーマや狙いを最初に述べる。
②どのようにしてそれは実現されているかを述べる
③①を言い換えたり噛み砕いてもう一度述べて、結びの言葉にする。

もちろんこの形式が正解というわけではありません。ただコンペの審査員にとって審査する作品の事がよく分からないときに、ステートメントは重要なものになるはずです。そのときに分かりやすく理解の取っ掛かりになるようなものの方が良いと考えて、この形を目指しています。

 

ステートメントのネタの出し方例

前述の形式ではいきなりテーマを述べるとか書きましたが、もちろんそれが難しいわけです。私は具体的には次のような手順で、テーマを抽出して言語化しています。

1)具体的に作品内の要素について触れてみる。
「この絵の中にはAとBとCと…があります。」
→書く事が本当にわからない場合、当たり前の事でも書くとアイディアの取っ掛かりになります。

2)どのように要素を配置したか。
「それらは〇〇なふうに描かれています。」
→「青い色でまとめた」「静かな様子で」など作品を印象付けているものが言葉になってきます。

3)それによってどのようなことが起こったか。
「それによって□□が××なのを表現しました。」
→この辺りでテーマが言語化されてくる。

4)必要に応じて1〜2、2〜3、1〜3を繰り返して文章を固めつつ、テーマをできるところまで言語化しておく。

5)書き出しが「テーマは〇〇です。」などになるように、抽出したテーマをステートメントの先頭に持ってくる。

6)テーマが複数ある場合、1〜5を繰り返す。

7) 結びの文章をいれたり、文章の体裁を整えたりする。

これはアイディアを書き出してまとめる手順なので、向き不向きはあると思います。ただ、なかなかいい表現が浮かばない時などは、とにかくそこにあるものを数えてみると意外に解決が早いかも知れません。

 

おわりに

抽象的な内容を繰り返していると、良くも悪くも詩のようになりがちです。この記事の方法はそれを回避したい場合に有効ではないかと思います。また数百字の文章であれば、アーティストステートメント(作家の自己紹介文)などにも応用できると思います。

以前はどんな作品を作ったのか書こうとしてほとんど何も書けませんでした。それでも何度か書くうちに書くためのコツと手順のようなものがわかってきました。その中で人にオススメ出来そうな部分を今回記事にしてみました

 

不眠を改善していくための(ちょっと独特かもしれない)方法と習慣

 

不眠って本当にキツイですよね。なんかの呪いかと思います。疲れていても、運動しても、お風呂に浸かっても、ホットミルク飲んでも、寝る前のテレビやネットを封じても、早めに布団に入っても、リラックスする音楽をかけても、眠れないときは眠れないわけです。

そんな時に私がやっている工夫や習慣を書き連ねます。すぐにできるし、薬やアロマなどは必要ない方法です。

 

あまりにも眠れなかったらもう起きることにする

私が不眠で悩ましいのが、「明日もあるので少しでも眠りたい、でも変な時間に寝ついて起きれなかったらどうしよう」という状況です。
私は朝6時30分くらいに起きることが本来は基本なのですが、5時前くらいになっても眠れなかったときは、もう起きることにしています。不眠によって生活を破壊されないためには、ルールを決めて時に寝ないことも有効です。睡眠は削れますが、起きると決めていれば入眠できないと悩む必要が無いので、一時しのぎにしろ気持ちは楽です。


布団から出た時間などの記録を付ける

私はここ何年間か、自分の就床時間・起床時間・仮眠した時間・その日の活動や体調などの記録をつけています。ただやみくもに自分の睡眠をコントロールしようとしても、上手くいかないというか意志が続かなかったからです。記録をつければ少なくとも睡眠の調子がいい時はそれを実感できるし、悪いときには無理を控えようという気になったりしやすいです。そして何年も続く不眠でも、以前よりはよくなったりするという発見もありました。
記録のコツとして「どれくらいの時間眠ったか」ではなく、「どれくらいの時間起きてどんな活動をしたか」に主眼を置いて記録するのがおススメです。「23時から7時間布団の中にいて、そのうち3時間くらい眠った」というような記録ももちろんいいのですが、「8時に起床。○時間仕事、□時間家事、△時間仮眠。23時に就床」といった記録だと、積み重ねたときに生活が整っていくなどのポジティブな変化を感じやすいです。睡眠は起きて活動するためにする行為でもあるので、起きている時間を数えるのも目的に沿っているのではないかと思います。


寝る姿勢や寝る場所を変えてみる

慢性的に眠れないときは、寝室などの環境に条件づけられて不眠が引き起こされていることもあるそうです。「普段の寝る場所⇒眠れない場所」という条件反射が刷り込まれて不眠になっている、ということでした。そういう場合、寝る部屋を変えたり寝室に行く前にストレッチなどすると眠気が訪れやすいそうです。
部屋変えたりするのも面倒なので、上下逆さに寝てみました。普段頭がある位置に足が来る形ですね。こうすることで脳に「いいか、私がこの姿勢をとったらおとなしく眠れよ」という条件反射を刷り込んでいるつもりです。思ったよりは効果がありました。

 

おわりに

いろいろ書きましたが、その日眠れるかどうかは賭けに近いなと思っています。それでも不眠に対して何かしようとしてないと事態は悪くなってしまうのではないかと不安に思いました。しかし睡眠自体をコントロールしようとしたり、生活習慣を変えるのはなかなか難しかったです。そこで目的は睡眠だけでなく生活全体の質の向上であると考えるようにしたら、できることは少し増えました。睡眠や寝る前の時間だけでなく起きてる時間にも目を向ければ、逆に睡眠の質も上がっていくのではないかと考えます。すぐに効果てき面というのは難しいのですが、できる事はあるという前提に立って戦略を練っていきたいです。

 

Gmailではユーザー名のピリオド(ドット)は「無いのと同じ」

PCツール

 

「aaa@gmail.com」=「a.a.a@gmail.com」
驚きでした。Gmailではアドレスの@マークより前の部分(ユーザー名)にあるピリオド(ドット)はあっても無くても同じらしいです。つまりGmailでは「aaa@gmail.com」と「a.a.a@gmail.com」は同じものとして扱われ、どちらのアドレスに送っても同じ宛先に届くそうです。

 

自分宛のアドレスがちょっと違うメールの正体
以前某ネットサービスから自分宛に届いたメールの宛先を見たらユーザー名に入れているはずのピリオドがありませんでした。メール本文に自分の名前が入っているけど、アドレスはピリオドが無い。昔作って放置したGmailアカウントから不思議因果で届いたのかな?とか思って一応調べてみることにしました。実際にそのアカウントが生きているなら、Gmailにそのアドレスでログインできるはず、と思いパスワードの問い合わせなどをしました。

結果から言うと、そのピリオドのないアドレスで登録してるGmailアカウントは存在せず、某ネットサービスに間違えてピリオドがないアドレスで登録したがそれでもメールは届いた、ということのようでした。
試したのですがGmailのログインにもピリオドの有無は関係ないようです。

 

ピリオドがあっても無くてもアドレスは固有のもの
これって大丈夫なの……と思って調べたら、「ピリオドの有無が違うだけのメールアドレスは誰も取得できない」とのこと。「aaa@gmail.com」が使われてたら「a.a.a@gmail.com」や「a.aa@gmail.com」などは取得できない仕組みになっていました。そしてどれを入力しても同じ宛先に届く、と。結構驚いたのですが意外とこれって常識だったりするのでしょうか。

 

バナナワニ園・イズ・グッド

紀行文

 

大分前の話ですが、静岡の熱川バナナワニ園に行ってきました。

f:id:ganu:20160521213145j:plain

熱川バナナワニ園は名前の通りバナナが繁り、ワニがいる、なんならレッサーパンダとかフラミンゴとかもいる、動植物園といった感じの場所です。しかしそれらはこの場所の魅力のほんの一部……。実は熱帯系の植物がいくつもの温室でみっしりと栽培されており、この画像のような風景が多様かつ大量に展開されているのです。

 

温室また温室

f:id:ganu:20160521213114j:plain

 

f:id:ganu:20160522075134j:plain

バナナワニ園はワニ園・植物園・分園で構成されていて、植物園だけで8つほど温室があります。観葉植物メインとか花がメインとか違いが色々あり、温室ごとの違いを楽しみながら渡り歩く感じです。熱川と言えば温泉も有名ですが、熱川バナナワニ園では温泉をパイプに通すことで温室を暖めています。冬に行ったのですが、温室内は割と暑かったです。夏に行ったら暑さと日射がきつかったかもしれません。

 

咲き繁る熱帯植物たち

f:id:ganu:20160521213122j:plain

f:id:ganu:20160521212938j:plain

f:id:ganu:20160521213224j:plain

f:id:ganu:20160521213103j:plain

f:id:ganu:20160521213320j:plain

普段はお目にかかれない、不思議な色形の熱帯植物たちが出迎えてくれます。ハイビスカスがぽんぽん咲いていて、名前を知っていたのはそれくらいでした。

 

熱帯性スイレンと空間への美意識

f:id:ganu:20160521213255j:plain

f:id:ganu:20160509014700j:plain

f:id:ganu:20160521213335j:plain

 すごい大きさのプールに、多種多様な熱帯性スイレンが植えてありました。仕切りごとに違う品種が植わっています。見たことのないものばかりで圧巻でした。しかも普通はスイレンだけで十分だと思うところに、通路の片側は鉢植えをずらっと並べ、もう片側は壁面いっぱいに緑の何かが植わっています。空間を植物で埋め尽くさんとする美意識が感じられます。

 

熱帯植物の小路

f:id:ganu:20160521213205j:plain

 

f:id:ganu:20160521213425j:plain

植物に満ちた温室を歩くというのは、贅沢な体験でした。

 

オオオニバスのドーム温室

f:id:ganu:20160521213353j:plain

小さな子どもくらいなら乗れるという大きなハスが植わった池です。ドーム型の天井が池に写りこんでいて綺麗でした。外の風景が植物に遮られていて余計なものが見えないのも、この空間を引き立てていて良かったです。

 

とにかく空間は植物で飾るというサービス精神

f:id:ganu:20160521213403j:plain

ここは温室と温室の間の通路ですが、たくさん植物が飾ってありました。ここに限らず、いろんな隙間空間に植物が飾ってありました。空間は植物で埋めるというサービス精神を感じさせてくれます。

 

オブジェ群

f:id:ganu:20160521212950j:plain

f:id:ganu:20160521213153j:plain

正月に行ったのですが、葉牡丹製の正月飾りがありました。これもなかなかお目にかかれない物といっていいと思います。あとは陶器製の像とかがちょくちょくありました。

 

まとめ

バナナワニ園についての前知識なしで行ってみたら、植物園がすごく良くてびっくりしました。園名に「熱帯植物」とかそういうワードを入れておいてほしいです。熱川は温泉があるので、涼しい時期に小旅行で行くといいかもしれません。

 

テキスト編集と管理がしやすく、webページの収集が楽で、HTML編集もできる「紙copi」の良さと機能について

PCツール

 

こんにちは。「紙copi」は、テキストファイルの編集・webページを取り込んで保存・HTMLファイルの編集が主な機能のソフトです。私は主にテキストの編集に使っています。機能の詳細は全て公式ページに書いてあるのですが、そこには詳しく書いてないけどここが便利!という私見を語りたいと思います。

 

メモをスムーズに量産&編集

私は文章を書くことが結構好きなのですが、趣味のテキストや短いメモ、長いメールの下書きなど文字は大体「紙copi」というソフトで書いてます。
使っていて良い点は、編集作業がスピーディに進むところです。一瞬で新規ファイル作成・クリック一つで編集するファイル切り替え・本文の編集中にファイル名を変更、といった具合に操作がシンプルで軽快です。そのおかげで、メモをいくつか書く→メモごとに内容を書き進める→ファイル名など変えて整理、というような流れが非常にスムーズです。この流れが速いことで、まとまった量のテキストが書きやすくなりました。テキストを扱うことが多い方は使ってみると楽しいかもしれませんよ。


フォルダ内のファイルを自由に配列

紙copiを使うもうひとつの利点はファイル整理のしやすさです。新規フォルダ作成・フォルダ間のファイルの移動といった操作がサクサクできるのに加え、特に良いのがファイルの表示順を自由に並べかえできるところです。ファイルの並び順は各フォルダごとに設定が保持され、ファイル名順や更新日順の表示に切り替える事もできます。
私は未完成のテキストを適宜リストの上方に並べています。ファイルの並びで大体の進行状況がわかり、作業しやすいからです。独自のルールで整理しながら作業できるので、エクスプローラーなどにちょっと不足を感じる場合にいいかもしれません。


webページの保存&オフラインでも表示

紙copiはwebページを取り込んで保存することができ、テキストファイルと同様の操作で簡単に整理できます。仕事などで資料としていくつものwebページを保存して比較検討するために整理する、というようなこともあるかと思いますが、ブラウザのブックマークなどを使ったときより整理がしやすいと思います。取り込んだページはオフラインでも見ることができます。


HTMLを表示/加工/ソース編集

私は全然やらないのですが、テキストをHTMLファイルにして編集したり、取り込んだwebページのHTMLファイルを編集することもできます(有料版のみ)。せっかくなので試しにやってみました。
webで表示されているレイアウトを直接操作するような感じで文字サイズや画像の大きさを加工できるので、ワードの操作みたいな感覚でHTMLに触ることができました。それとは別にソースファイルを編集するモード、webなどでの見え方を表示するモードがあり、それぞれにすぐ切り替えられます。webでの見え方の確認/レイアウトの加工/ソースの確認と編集のそれぞれのモードをパッと切り替えられるのでHTMLの勉強に使ったら便利そうだな、と思いました。

 

まとめ

メモアプリとして使うだけでも執筆がしやすくなると思います。メモにスピード感を求めている方におススメです。

興味のある方はhttp://www.kamilabo.jp/が公式ページです。

www.kamilabo.jp